がっちの航海日誌

日々の些細な出来事を、無理やり掘り下げます。

インチキサラリーマン、「ぶどう亭」へ行く

6月からの転勤に向けて1つ問題が発生しました。今までの職場は、そこそこラフな格好での出勤でよかったのですが、次の職場では、厳粛にスーツ出勤が義務付けられています。そこで問題となるのが、

ネクタイ。

苦手なんです。とにかく結ぶのに時間がかかります。どのネクタイにも、「ここで交差させたらちょうどいい長さになるよ」というガイドラインが入ってますが、その通りに結んでもネクタイによっては短かったり、長すぎたりと、裏切られること多数回。一体何を信じたらいいのか。

結んだら結んだで、なんか息苦しいし、しゃがんだら「ぷら~ん」てなるし、何もいいことがありません。

こんなもの、本当に人生に必要ですか⁉

いや、いらない。絶対にいらない。そもそも朝のスケジュールは分刻みです。納豆をかき混ぜたり、洗濯物を干したり、と重要なイベントが目白押しです。そんな中、ネクタイなどに貴重な時間を割いてられません。しかし会社のルール、破るわけにもいきません。なんとか簡単に巻けるネクタイはないものか、とネットショッピングサイトにアクセスし、藁をもつかむ気持ちで「ワンタッチで巻けるネクタイ」と入れてみたところ、

いっぱい出てきました!

出るは出るは、マウスをクリクリするのがしんどくなるぐらい出て来ました!やはり、志を同じくする人がいっぱいいるんですね。

その中で、評判が良さそうなものを即、注文しました。5本セットで2000円ぐらい。値段も手ごろです。

めっちゃ早く届きました。

f:id:gatthi:20200531153959j:plain

全然安っぽくもなく、なかなかのクオリティです。

それでは、これをどうやって装着するのか、実際に試してみましょう。

我が家にやって来て早15年以上になる、三越くま次郎君に協力を依頼しました。

くま次郎、よろしくね。

f:id:gatthi:20200531154046j:plain

「うん、ええよ。早よやってな。」

f:id:gatthi:20200531154027j:plain

まず、輪っかになってる部分を、首にかけます。

f:id:gatthi:20200531154125j:plain

次に、ネクタイの後ろの短い部分、ここにジッパーがついているのですが、それを下に引くと・・・

シュッ!

f:id:gatthi:20200531154152j:plain

完成。

ええっ!?もう完成?これはもう、何と言えばいいのか・・・

インチキや!完全にインチキやで社長!!

f:id:gatthi:20200531154214j:plain

どう見ても自分で結んだようにしか見えません。これなら、朝の忙しい時でも大丈夫ですね。ええ買い物しました。

くま次郎、ご協力ありがとう!

「うん、ええよ。頑張れよ。」

 

さて、ネクタイ問題が解決したので、お出かけしたくなりました。ふと、交換期限が迫っている、食パンの無料引換券のことを思い出しました。

f:id:gatthi:20200531153553j:plain

天王寺区に本店がある、食パンとコーヒーの専門店「レブレッソ」さん。最近は他府県にも進出しているようです。梅田のグランフロントにも支店があり、僕はいつもそこに行きます。ただで食パンを手に入れる為に、電車賃を使って梅田へ行く。それが正しい判断なのかは別として、梅田へGO!

 

一足先に現地入りし、買い物しまくっていた妻に連絡をとって合流。この日から阪急・阪神の2大百貨店が土日の営業を再開したので、相当な人ごみを覚悟しましたが、まだ意外と少なかったです。この人の数なら、以前なら行列ができていたお店にもすんなり入れるんじゃないかと、まずは腹ごしらえをすることに。

向かった先は大阪駅前第3ビル地下2階、ぶどう亭さん。

f:id:gatthi:20200531153634j:plain
駅前ビルらしい、昭和風情の漂う昔ながらの洋食屋さん。コロナ騒動の前にはインバウンドの方による長蛇の列が、どの時間に行ってもできていて、非常にハードルの高いお店でした。ところが今はすっかり行列はなくなっていました。とは言え、さすが名店。16時という時間にもかかわらず、店内は空席残りわずかでした。

f:id:gatthi:20200531153651j:plain

入って右側にカウンター席。ここはほぼ満席でした。左側に4人掛けのテーブル席が3つあり、そちらへ着席。

洋食屋さんらしい、ハンバーグやエビフライ、コロッケなどの写真が躍動しているメニューを見ているだけで楽しくなります。

店先に看板が出ていた、「コーンクリコロ&ハンバーグセット」1040円を注文。

接客スタッフの方が厨房へ注文を通す時の言い方が独特で、「リズミカル」と言うよりは「メロディアス」と言ったらいいのでしょうか。とにかく独特で、耳に心地よかったです。

まずはワカメ入りのコンソメスープが。洋食屋さんのつかみといえば、これでしょう。

そしてメインのお皿がどーんと!

主役のコーンクリームコロッケとハンバーグが前に寄り添うように鎮座し、後ろにはいかにも洋食屋さん!な千切りキャベツ、スライスしたキュウリ、トマト、マカロニの入ったサラダが。クリコロにはタルタルソース、ハンバーグにはデミグラスソース、サラダにはオーロラソースがかけてあります。食べ進めるうちに、この3種のソースがだんだん混ざってきて、最後にカオス状態になるのもええ感じです。クリコロはサクサクッ、ジュワッ、ハンバーグは箸を入れるとじゅわじゅわじゅわ~と汁が溢れます。擬音が多くてすいません。お箸で食べれるのもこのお店のいいところですね。

スープとごはんはおかわり自由です。と言われるとせずにはいられないので、1回ずつおかわりしました。

いや~満足でござるぞ。このお店に並ばずに食べれるなんて。

f:id:gatthi:20200531153611j:plain

 ごちそうさまでした!

 

その後、グランフロントに向かい、無事に食パンを手に入れました。

食パンは翌日の朝にいただきました。

f:id:gatthi:20200531153758j:plain

こちらの食パン、買えば600円以上するなかなかのお高いパンです。最近の高級食パンブームの物は、もっと高いですけどね。恐ろしい世の中です。

5枚切りぐらいの厚さで、7枚入ってます。まず、端っこのヘタを焼かずに、何もつけずにそのまま食べるのがおすすめです。その後、真ん中のを焼いて食べましょう。

このパン、ほんのりとした甘みが絶品です。

f:id:gatthi:20200531153816j:plain

お供には、大阪南部の雄、「桜珈琲」さんのアイスコーヒーを。

 こちらのお店、大阪南部では知らぬ者はいない、素敵なコーヒーショップです。

カフェ、ベーカリー、焼き菓子、チョコのお店など、色々と展開しています。また機会がありましたら、じっくりとご紹介したいですね。

そしてアイスコーヒーといえばこの器。

f:id:gatthi:20200531153851j:plain

リビングが一瞬で昭和の純喫茶になります。

f:id:gatthi:20200531153935j:plain

レブレッソと桜珈琲、夢の競演。添えるのは意外と美味い(失礼!)ライフのクロワッサン。これを食べながら、ふと気づきました。6月って、クールビズやん。

ネクタイいらんやん!

ネクタイ殿、秋までおやすみなさい。

 

今日の1曲:Led Zeppelin「移民の歌」