がっちの航海日誌

日々の些細な出来事を、無理やり掘り下げます。

岐阜県

突撃!中尾かまくらまつり

かまくらは人類最高の建造物。

エアーかおるはえりゃ~タオルだわ

良いタオルは幸せの象徴。

飛騨市ファンクラブ、会員証の使い方

行けば行くほど好きになる。それが飛騨市。

マジカル・モーニング・ツアー(後編)

美濃モーニングは世界遺産。

マジカル・モーニング・ツアー(前編)

美濃の朝は謎だらけ。

阿弥陀ヶ滝の流しそうめんに涼を求め

元祖流しそうめんは一味違う。涼しさも違う。

ラブ・レター・フロム・飛騨市

飛騨を愛する為に生まれてきた男、がっち会長ここにあり。

飛水峡のイワオ先輩

先輩、あなたは誰よりも大先輩です。

桃に溺れる飛騨の夏

私の体は今、桃とトマトで動いている。

五色ヶ原の森に行かない人生なんて

人生で一度は行くべき、飛騨の大秘境。

飛騨市ファンクラブへ入る浪花の男

いつか飛騨ナンバーの車に乗りたい。

味女とあまご男爵

清流ある所に川魚料理の名店あり。

関へGO!ひろみ

アレを求めて朝から美濃へ。

モネの池の真実

自然界の美しさに勝るものなし。

槍見館への招待

極上の宿、槍見館で雪見風呂。飛騨牛乳を添えて。

としちゃんがとしちゃんでとんちゃんを

伝説の「としちゃん」に怪しい「としちゃん」が降り立つ。

特急ひだは終わらない

特急ひだより愛をこめて。

翔太のうどんとお婆のいなり

世代を超えた家族の絆に、変人が涙する。

イブキヤマ ノボレ

岐阜と滋賀を行ったり来たり。

サインはF

あなたは茶碗蒸しの為にどこまで行けますか?

はぐれ奇人ひとり旅 「飛騨高山編」

やっと会えたね、大使さん!

はぐれ奇人ひとり旅 「富山編」

ある目的を果たすべく、遠回りのひとり旅。ついでにうどん。

あるうどん屋の衝撃

浪花の怪人、噂のうどんモーニングを潜入調査。

美濃の国に昼はない(後編)

永遠に続く岐阜県の朝。今日も幸せが訪れる。

美濃の国に昼はない(前編)

岐阜モーニングに取り憑かれた浪花の怪人、再び美濃の国へ。

嗚呼、麗しの水まん氷

モーニング大国「美濃」へ。伝説のかき氷を求めて走り出す。

孫六二刀流! ~ 守護神ポワルネに捧ぐ

美濃の国より新たなる名刀、見参!

ポワルネと伝説の名刀

守り神への感謝を胸に、伝説の名刀、いざ出陣!

晩秋はモノクローム

散りゆく木の葉が人生を教えてくれた。

天空の里ヤマノムラ

幻の逸品を求め、男は命がけの脱藩を決意した。